複数のはがき

サイトマップ

圧着ハガキはデジタル時代の今もなお有効的な広告手段

料金後納郵便はがき

指でペラッとめくるだけで新商品の情報及びアンケートなどを確認にできるのが、圧着ハガキの有能な点です。圧着ハガキというどちらかといえばアナログな方法でありながら情報をきちっと伝えられるところに、圧着ハガキのメリットがあります。

たとえば顧客の年齢層が高めの企業は、圧着ハガキによる広告が功を奏しやすいです。メールをはじめとしたウェブをまだそれほど使いこなしていない年齢層が高めの顧客には、圧着ハガキのようなハガキを使った訴求をしたほうが上手くいきやすい場合もあります。この圧着ハガキの作成は専門業者に依頼すればそれでOKですし、思ったほど難しいわけではありません。むしろ手軽にできるといってもいいほどです。圧着ハガキによる広告郵便は、デジタルの時代になった今もなお有効的な広告手段です。

指でペラッとめくるだけですから顧客にとっても扱いやすいですし、隠されていたら中にどんなことが書いてあるのか自然と気になるのも、圧着ハガキの魅力です。圧着ハガキを使って広告をすることが、意外にも上手くいくケースは珍しくありません。それだけ考えられているのが圧着ハガキですので、そのメリットを高く評価できるなら圧着ハガキを使った広告はおすすめです。

効率良く宣伝をしたい時は圧着ハガキの活用を

通常のハガキや封書で、セールやキャンペーンのお知らせを送っても、思うような反応がないと悩む人もいるでしょう。そんな場合は、通常のハガキや封書ではなく、圧着ハガキを活用するという方法を考えてみると良いでしょう。圧着ハガキのメリットは、官製ハガキと比べて印刷できる面積が広く、多くの情報を詰め込めること、それでいて送料が変わらないこと、さらに開封率の高さを誇ることです。

情報量がとても多いチラシを封書という形で送付しても、開封をして貰えないのでは宣伝には繋がりません。圧着ハガキの場合、剥がす楽しさがあるため、特に興味がない案内であっても、無意識にめくって中身を確認するという人は少なくありません。そこから内容に興味を持って貰えることもあるため、効率的な宣伝を行いたい時は、圧着ハガキの活用を考えておくと良いでしょう。

そんな圧着ハガキを使った案内の作成は、専門業者に依頼をすることがおすすめです。送料の面でもメリットの多い圧着ハガキですが、重量オーバーになれば安く案内を送付できるというメリットを失ってしまいます。それだけに、お得に圧着ハガキを活用したいのであれば、案内作成は専門業者に任せておいて損がありません。

目的に合わせてサイズも自由に選べる圧着ハガキ

効率的に宣伝をしたい時に活用しておきたいアイテムが、圧着ハガキです。二つ折り、三つ折りという形で送付をする圧着ハガキは、通常のハガキよりも印刷可能な面積が広いだけでなく、送料は同サイズのハガキと変わらないため、とてもリーズナブルに多くの情報を届けることができます。ただ、官製ハガキサイズでは届ける情報が限られる、そこに多くの情報を詰め込むと読みにくい状態になってしまうと悩む人もいるでしょう。そんな場合は、圧着ハガキのサイズを変えることを検討してみると良いでしょう。

圧着ハガキには、官製ハガキサイズだけでなくA5やB5、A4など複数のサイズが用意されています。サイズが大きくなれば、写真や文字などもより鮮明に印刷をすることができるようになります。そして、もう一つ大きなメリットとなるのが、インパクトの大きさです。通常の官製ハガキサイズであれば他の郵便物に紛れて目立たない状態となってしまうことも多いのに対し、大判の圧着ハガキはしっかりとした存在感を誇ります。そんなインパクトのある大判の圧着ハガキ作成は専門業者に依頼をすることがおすすめです。専門業者に依頼をすれば、送料や見栄えなど細かいことにまでこだわった圧着ハガキを作成して貰うことができます。

メリットの多さで注目を集める圧着ハガキと依頼の際の注意点

封書を使うよりも安く多くの情報を送付できること、機密保持能力に優れていること、さらに開封率が高く効率的に案内を届けられることなど、メリットの多さで注目を集めているのが圧着ハガキです。サイズも、官製ハガキサイズからA4やB5など大きなものまで揃っており、用途や案内の内容に合わせて自由に選べるようになっています。大きなサイズは、インパクトを与えたい時にも最適と人気になっています。…

返信が欲しい時にも使える圧着ハガキ

手頃な費用で多くの情報を届けたい、そんな時に活用を考えておいて損がないのが、圧着ハガキです。そんな圧着ハガキは、返信用のハガキを組み込んだ往復ハガキのような使い方をすることができます。この時、三つ折りタイプの圧着ハガキを使えば、返信用のハガキをつけながら、情報を掲載することができるスペースを大幅に広げるというメリットが生まれます。そんな往復ハガキのような使い方をしたい時に、活…

インパクトのあるDMを送付したい時は圧着ハガキを

お客様に対して直接情報を届けたい時に有効な方法が、ダイレクトメールの活用です。ただ、DMを送っても中身を確認して貰えないのでは意味がありません。受け取ったお客様が興味を持ってくれるDMを送付したい時は、大判の圧着ハガキの活用を考えておくと良いでしょう。通常のハガキよりも印刷できる面積が大きい圧着ハガキは、安く多くの情報を届けることができるだけでなく、剥がす感覚の楽しさから開封…

お得に圧着ハガキを作成したい時は納期に注目を

コストを抑えた状態で効率的な宣伝活動を行いたい、そんな時は圧着ハガキの活用を考えておくと良いでしょう。ハガキの重さを超えない範囲内であれば、同サイズのハガキと同じ料金で、多くの情報量を届けることができる圧着ハガキは、開封率の高さでも注目を集めています。そんな圧着ハガキ作成は専門業者に依頼をすることになりますが、より安く作成をしたいという場合は納期にも注目をしておくと良いでしょう。…

TOP