複数のはがき

サイトマップ

返信が欲しい時にも使える圧着ハガキ

手頃な費用で多くの情報を届けたい、そんな時に活用を考えておいて損がないのが、圧着ハガキです。そんな圧着ハガキは、返信用のハガキを組み込んだ往復ハガキのような使い方をすることができます。この時、三つ折りタイプの圧着ハガキを使えば、返信用のハガキをつけながら、情報を掲載することができるスペースを大幅に広げるというメリットが生まれます。

そんな往復ハガキのような使い方をしたい時に、活用しておきたい制度が、料金受取人払いです。市販の往復ハガキの場合、送る側が返信ハガキの分の料金まで支払う必要があります。必ず返信が来るのであれば無駄になることはありませんが、返信が来なければ返信ハガキの送料が無駄になってしまいます。それに対し、返信ハガキが使われた時のみ料金が発生する料金受取人払いという形であれば、返信が来なかった場合はその分の料金は支払わなくて済むため、費用の節約に繋がります。

そんな往復ハガキのような使い方ができる圧着ハガキ作成は専門業者に依頼をすると良いでしょう。専門業者であれば、料金受取人払いにしたいなどの要望も手軽に叶えて貰うことができます。そのため、圧着ハガキ作成を考えているのであれば、専門業者と相談をするところから始めておくことがおすすめです。

メリットの多さで注目を集める圧着ハガキと依頼の際の注意点

封書を使うよりも安く多くの情報を送付できること、機密保持能力に優れていること、さらに開封率が高く効率的に案内を届けられることなど、メリットの多さで注目を集めているのが圧着ハガキです。サイズも、官製ハガキサイズからA4やB5など大きなものまで揃っており、用途や案内の内容に合わせて自由に選べるようになっています。大きなサイズは、インパクトを与えたい時にも最適と人気になっています。…

返信が欲しい時にも使える圧着ハガキ

手頃な費用で多くの情報を届けたい、そんな時に活用を考えておいて損がないのが、圧着ハガキです。そんな圧着ハガキは、返信用のハガキを組み込んだ往復ハガキのような使い方をすることができます。この時、三つ折りタイプの圧着ハガキを使えば、返信用のハガキをつけながら、情報を掲載することができるスペースを大幅に広げるというメリットが生まれます。そんな往復ハガキのような使い方をしたい時に、活…

インパクトのあるDMを送付したい時は圧着ハガキを

お客様に対して直接情報を届けたい時に有効な方法が、ダイレクトメールの活用です。ただ、DMを送っても中身を確認して貰えないのでは意味がありません。受け取ったお客様が興味を持ってくれるDMを送付したい時は、大判の圧着ハガキの活用を考えておくと良いでしょう。通常のハガキよりも印刷できる面積が大きい圧着ハガキは、安く多くの情報を届けることができるだけでなく、剥がす感覚の楽しさから開封…

お得に圧着ハガキを作成したい時は納期に注目を

コストを抑えた状態で効率的な宣伝活動を行いたい、そんな時は圧着ハガキの活用を考えておくと良いでしょう。ハガキの重さを超えない範囲内であれば、同サイズのハガキと同じ料金で、多くの情報量を届けることができる圧着ハガキは、開封率の高さでも注目を集めています。そんな圧着ハガキ作成は専門業者に依頼をすることになりますが、より安く作成をしたいという場合は納期にも注目をしておくと良いでしょう。…

TOP